カテゴリー: SMAP

SMAPファン以外の方にも、ぜひ読んで欲しい

知ってほしいSMAPの現状

所属事務所の社長が、
「SMAPは解散しません」

そう断言されたにも関わらず
それ以降も、日々、不穏な空気が流れ続けています。

更に、今回の件が発端で所属事務所であるジャニーズ事務所の数々の悪行?が
白日の下に晒され続けています。

こんな事までやっていたなんて….

続きを読む

今が一番の踏ん張りどころか…

「長期戦」
この言葉の持つ意味をこれ程痛切に感じた事はないかもしれない。

いわゆる、イチお茶の間ファンだった私が、
今はまさに、寝ても覚めてもSMAPの事を考えている。
何と先月にはFCにも加入してしまった。

自分でも驚いている。
こんなに好きだったの?
いや、好きとか嫌いとか、SMAPの存在自体がそんな次元じゃないのかもしれない。

続きを読む

今回の件も、中居くんは黙って許すんだろう

予備校生が悪戯でtweetした、
中居さんのタバコポイ捨て捏造事件

本人からしてみれば、ほんの些細な悪ふざけのつもりでtweetしたかもしれないけど、
何と今日、それがスポーツ紙の一面に掲載されるまでに発展

本人は今頃きっと、生きた心地していない?かもしれない。
いや、そうだったら良いけど。

ファンの間では、勿論怒りのtweetも多く上がっていたけど、 
その中で、私が一番印象的だったのが、 あるファンの方が呟いていた下記のtweet

>今まで散々ウソを書かれてきても全部耐えて許してきたんだろうな。
>今回の件も、中居くんは黙って許すんだろう。
>優しく包んで食べちゃうんだろう。
>おれ将来絶対中居くんみたいなかっこいい優しい男になるよ。

このtweet
読んで思わず、(T_T)

ファンはちゃんと分かってる
そして、中居くんも分かってる。

中居くんはそんな事しないよ。
そして
ファンの子達は、僕がそんな事しない事、わかってくれてるから…

中居くん

こんなにもSMAPを必要としている人たちがいるのに、

熊本の被災地で男子高校生たちが

>石原軍団まだかー!
>SMAPはまだかー!
っていいながら支援物資運んでたんだぜ

とのtweet見て、思わずグッと込み上げてくるものを感じました。
こんなに必要とされているのに、
それでも事務所は頑なに無視されるおつもりなのでしょうか。

震災で苦しむ方々に、少しでも思いを傾けていただけるのなら、
その思いに応えるためにも、少しは考えを変えていただいても、と、
そう思わざるを得ないのですが….

生放送でなくても、きっとSMAPの5人だったら…

熊本、そして大分を始めとする九州地方を襲った大震災

今尚、余震が続く中、懸命な捜索活動、
そして被災された皆様は、疲労も重なり更なる不安な日々、時間を過ごされている事と思います。

最近ツイートを見ると、支援物資が末端まで届かず、
まさに命がけのツイートを発信されている方もいて、
そのようなツイートを目にすると、本当に胸を掻き毟られるようです。

続きを読む

SMAPファンでない方へ

深夜吹き荒れる風の音で目が覚め、
眠れぬまま朝を迎えました。

愛犬の散歩も、今朝は超ショートコース
夕方まで強風は続くようで、今も暴風警報が引き続き出ています。

今、外を見たら、強風で飛ばされそうになるビニールハウスを
家族総出で懸命に対応されていました。

風が吹き荒れる音が本当に怖い!!
何やら先程から消防車のサイレンがずっと聞こえています。

何だか日本列島荒れてますね。
どうか静まって欲しい。
これ以上被害が出ない事を願っています。 

続きを読む

世界に一つだけの花購買強化週間スタート♪

先般UPしたSMAP25周年に300万枚の花束を

今週は強化週間と題してファンの方達がより一層力を入れて購買活動をされています。
4月15日でSMAP×SMAPが放送開始20周年を迎える事となり、そのお祝いを兼ねてという思いもあるようですが、
ファンの皆さまの熱い思いには、本当に胸がいっぱいになります。

次から次と上がってくるツイートを見ていると、思わず(T_T)

私も1枚ですが、注文しました。 
これは後日友人の誕生日プレゼントに同梱しようと思います。

先は長いと思いますが、
25周年に300万枚の花束届けられると良いですね。

花束

画像は富山県花卉球根農業組合様よりお借りしました。

世界に一つだけの花購買運動

SMAP25周年に300万枚の花束を
と題して ファンの皆さんが購買運動をされています。

1月初旬、突然飛び出したSMAPの解散報道
私自身、ファンクラブに加入している訳でもなく、
言ってみればお茶の間のファンの一人って感じだったのに、
この報道には驚きを隠せなくて、
ただ、ただ、単純に
解散なんてしないで欲しいな、と、そう思っただけでした。

続きを読む