愛する愛犬との別れ…

いつかその日は訪れる、そう覚悟していたつもりでしたが、
そんな覚悟なんて何の役にも立たなかった….

昨夜、天才!志村どうぶつ園でDAIGOさんの愛犬リリィちゃんが
24時間マラソンの完走を見届けて天国へ旅だった話を知り、
2011年1月に同じく天国へ旅立った愛犬の事を思い出しました。

いつかその日は来る、そう覚悟していたつもりでしたが、

そんな覚悟なんて、何の役にも立ちませんでした。

 

(これ以下、ちょっと刺激の強い画像があります。お辛いと思われる方はご遠慮ください。)

16歳9ヶ月・・・人間でいうなら84歳くらいでしょうか。
生後40日で家族の一員となり、長き年月を共に暮らしました。

そして天国へ旅立ったあの日、
義母からの連絡で慌てて帰るも最後には間に合わず、 触れるとまだ温かいジローを撫でながら
現実を受け入れられない自分。

その後お気に入りだった毛布にくるみ、家の中を歩きました。

ここがお気に入りの場所だったね、
ここでいつも寝てたよね、

溢れ出す涙、、、 
ziro

ジローちゃんは
このお家の子になれて幸せだったと思うよ。

きっとそう思ってる。
だから悲しまないで、、、

そう言ってくれた友人の言葉に少し気持ちが楽になりました。

その後、お経をあげていただき、
翌日ペット葬儀社で火葬していただきました。
そしてそのお骨の一部をお守りとして今も持っています。

ジロー
下段の左にあるのがそのお守りです。
中にジローの遺骨が入っています。

 

49日が過ぎるまで、毎日義母はお経をあげてくれました。
そして49日が過ぎ、敷地内に骨壺から遺骨を出し和紙に包んで埋めました。
そうする事で自然に還ると教えていただいたので。

ジロー
この時は殺風景でしたが、この時一緒に埋めた花の球根や種、
今では一面お花畑になっています。

きっと天国で皆に自慢しているかも。

今もこうやってジローの事を思い出すと、自然と涙が溢れて来ます。
ジローが天国へ旅立った年の6月、最愛の父が他界しました。

そしてその父が他界した翌月、だいすけを保護し、家族に迎えました。

きっとジローが引き合わせたのだと思います。

お母さん、だいすけ君の事、頼むねって、、

今頃ジローは大好きなおじいちゃんと楽しく過ごしていると思います。
大好きなおせんべいを食べながら。

ジロー

ジローはこのおせんべいが本当に大好きでした。
また買って来てあげるね。

 

ジロー
だいすけの事は心配いらないからね。
ジロー同様、しっかり面倒みる。

だから安心しててね。
そしてこれからも、見守っててね。

 

最後に…
愛犬との別れ、その日は必ず来ます。
そしてその日が来るのを事前に覚悟する必要はなく、
今、この時、その瞬間を楽しく過ごせば、それで良いと思います。

私もこれから、だいすけとの生活を目いっぱい楽しみたいと思います。

ドキュメント記事一覧へ

関連記事

  1. だいすけ
  2. だいすけ
  3. だいすけ
  4. だいすけ

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Saranへようこそ


福岡から、富山の農家に嫁いだ主婦のブログ♪

ブリーダーの放棄犬だった黒柴「だいすけ」の事を中心に、
日々の出来事を徒然なるままに書いています。

ゆっくり遊んでいってくださいね♪

♪最近はSMAP関連の投稿がメインとなってますが、時折だいすけも登場しますよ。(^_-)-☆

Since:2015年9月

★アメブロ https://ameblo.jp/rinnko33

★新しい地図

新しい地図・72時間ホンネテレビ

ロケの㊙裏話も聞けちゃうかも?!

おじゃマップ公式Twitter

皆さん!フォローしてくださいねぇ~♪

2017WBC

有限会社カチオン

だいすけのフードやサプリはカチオンで購入しています。

21世紀の人とペットの予防医学を学ぶ 有限会社カチオン

ブログランキング参加中!