新たな視点から分析されたコラムでした。

「72時間ホンネテレビ」の価値は“視聴数”だけじゃない、絶大だったソーシャルメディア上での話題量

Twitterで紹介されていたので、早速読んで来ましたが、これまで読んだコラムとは一味違って、また新たな視点から分析され、書かれたコラムだなと思いました。

視聴数7,400万回

この件については、これまでテレビの視聴率に換算するのであれば、微々たる視聴率であり、更に、7,400万人もの人が見たわけでもないので、大した事では無い、と、そのような記事も見かけました。

でも、今回のこの記事は、多方面の分析データを元に、とても分かりやすく書かれています。

まだ読まれていない方は、ぜひ読まれて見てはいかがでしょうか。


72時間ホンネテレビ

 

元SMAP3人が出演して話題となった「72時間ホンネテレビ」

元SMAPの3人が出演するAbemaTVの番組「72時間ホンネテレビ」が大きな話題を呼びました。ジャニーズ事務所を離れた国民的大スター、元SMAPの稲垣吾郎氏、草なぎ剛氏、香取慎吾氏にとって、新たな門出となった記念すべき同番組。その舞台がインターネットテレビであったことは日本中を驚かせました。

確かにこれは大きなインパクトがあったと思います。 注目度の高さは相当なものだったかと。

 

視聴数7,400万回」が持つ価値とは?

私は単純に

それまでのAbemaTVにおける最高視聴数(「亀田興毅に勝ったら1000万円」)である約1,420万回の記録を大きく塗り替えました。

この部分を喜んでいたのですが、後にこの数字は全く当てにならない。
まだまだ民法のテレビ局の足元にも及ばないとまで書かれた記事も読みました。

しかし今回、この記事の中では、

私は「72時間ホンネテレビ」のコンテンツパフォーマンスの価値は、視聴数ではなく”ソーシャルメディア上での圧倒的な話題量”にあったと考えています。 ソーシャルメディア上の話題量を計る指標である「エンゲージメント数(※)」が、非常に高い数値を叩き出していたからです。

※エンゲージメント数とは

 「いいね」やシェア、コメント、リツイートなどFacebook、Twitter、Instagramでの総アクション数に加え、対象コンテンツについて取り上げた記事に対するSNS上における口コミなどの総数。スパイスボックスの独自ツールにて計測。 

と、語られています。
この「エンゲージメント数」については、初めて知りました。


「紅白歌合戦」「24時間テレビ」をはるかに凌ぐ、SNSでの話題量

「72時間ホンネテレビ」のエンゲージメント数は、実際どのくらいすごかったのか。検証をわかりやすくするために、夏の風物詩としてお茶の間に定着している日本テレビの「24時間テレビ」、年間最高視聴率番組としてお馴染みのNHK「紅白歌合戦」のエンゲージメント数と比較してみました。  以下が3つの番組の「エンゲージメント数」、「掲載サイト記事数」、「SNS投稿数(Facebook/Twitter)」です。

エンゲージメント数・SNS投稿数

こうやってグラフ表示で見させていただくと、大変わかり易いですね。
この他にも、掲載Web記事数などデータ結果を交えて詳細に書かれています。

➡ 続きはコチラ

「視聴“者”数」は、エンゲージメント数に比例しない

この分析データを元に、視聴者数がエンゲージメント数にまったく比例していない と言う事について述べられています。

このような書き方すると、ちょっと難しそうに見えますが、とても分かりやすく書かれているので大丈夫ですよ。

出演者のSNS投稿がエンゲージメントの源

これは本当に納得いくデータ結果でした。

実際、吾郎さん、剛くん、そして慎吾ちゃんのSNS投稿はセンセーショナルな出来事でしたよね。
もうワクワク・ドキドキが止まりませんでしたから。

下図は「72時間ホンネテレビ」に関するSNS投稿アカウントのエンゲージメント数ランキングTOP20
SNS投稿アカウントのエンゲージメント数ランキングTOP20

「視聴された数」だけではない新たな広告価値規準が求められる

そして最後に、この分類で締められていました。

今回の「72時間ホンネテレビ」の成果からも、コンテンツのパフォーマンスが「視聴」だけで測れないのは明らかです。テレビがこれまで作ることのできなかった仕組みをネット発で構築するのだとすれば、コンテンツに対する「好意」を広告としての価値に変える、新たな広告モデルが求められるのだと強く感じています。  AbemaTVに代表される新しい形のメディアが次々と登場するなか、今後、広告そのもののあり方について議論が進み、広告価値規準の新たなスタンダードが形成されるだろうと確信しています。

分析データなどを盛り込んで、大半分りやすい記事でした。 これまで、あれだけの成果を上げたにも関わらず、やはりそこにまだ根強く残る「忖度」からか、 評価されない記事も多数見かけましたが、このように、きちんと分析した上で評価してくださったことに、感謝しています。

素敵なコラムをありがとうございます。

PS
今回記事内に使用した画像(一部除く):引用文は、MarkeZineよりお借りし引用させていただきました。

関連記事

  1. 見たいな。
  2. パラリンピック
  3. まだ今日なんだ。
  4. 良いお知らせがあると良いな。
  5. 新しい地図
  6. 楽しみです。

Saranへようこそ


福岡から、富山の農家に嫁いだ主婦のブログ♪

ブリーダーの放棄犬だった黒柴「だいすけ」の事を中心に、
日々の出来事を徒然なるままに書いています。

ゆっくり遊んでいってくださいね♪

♪最近はSMAP&新しい地図関連の投稿がメインとなってますが、時折だいすけも登場しますよ。(^_-)-☆

Since:2015年9月


★アメブロ https://ameblo.jp/rinnko33

★新しい地図

新しい地図

公式twitter♪
皆さんフォローしてくださいねぇ~


おじゃマップtwitter 2017WBC



ゴロウ・デラックスtwitter

有限会社カチオン

だいすけのフードやサプリはカチオンで購入しています。

21世紀の人とペットの予防医学を学ぶ 有限会社カチオン

ブログランキング参加中!